×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロト6極 ロト6極
8億円キャリーの話

2008年5月29日のロト6第395回は約8億円という過去最高のキャリーオーバー額を抱えての抽選でした。

BIGキャリーになった経緯
第394回 1等該当なし       キャリーオーバー360,112,917円
第395回 1等該当なし       キャリーオーバー812,785,066円

歴代キャリーオーバー額TOP5(キャリーを抱えて迎えた回で記載してあります。)
第1位 第396回(2008.05.29抽選) キャリーオーバー812,785,066円 売上 7,166,685,800円
第2位 第307回(2006.09.07抽選) キャリーオーバー621,967,283円 売上10,470,801,400円
第3位 第368回(2007.11.08抽選) キャリーオーバー573,641,861円 売上 6,793,377,200円
第4位 第284回(2006.03.30抽選) キャリーオーバー569,155,297円 売上 8,322,324,000円
第5位 第265回(2005.11.17抽選) キャリーオーバー511,391,329円 売上 9,003,515,600円

売上は普段40億円くらいです。高額キャリー時は売上がグーンと伸びます。
初のキャリー額5億円を超えた265回や6億円を超えた307回はマスコミでも大きく取り上げられ売上が凄く伸びました。
しかし8億円を超えた396回は思ったより売上が伸びませんでした。

原因はTOTOのBIGだとおいらは考えています。
2006年秋にTOTOのBIGがスタートしました。
ご存じ、TOTOのBIGのキャリー額は何十億円とロト6に比べ桁違いです。
ロト6のキャリー額が8億円ですと言われても昔ほどインパクトがなくなったんでしょうね。