×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロト6極 ロト6極
当籤金ってどうやって決まるんや?

ロト6の当籤金ってどうやって決まっているのか?
ここでは当籤金の決定の仕方を説明します。

売上金の45%が当籤金に回されます。
ロト6では5等が\1,000で固定ですので、まず売上金の45.0%から5等分の配当金を引き算します。
残りの金額を以下のように分けているようです。

等級 1等 2等 3等 4等
配当率 25.428% 22.885% 27.462% 24.225%

これで,各等級ごとの配当金を決めます。

次に,その配当金を人数割りします。その後,100円未満を切り捨てる計算をしているようです。

それでは具体的に説明します。ある日のロト6の売り上げが10億とします。
5等当選口数が15万口とすると、5等の配当金は
15万×1000円=1億5000万円になります。

残りの10億円-1億5000万=8億5000万
上の表の配当率にそって計算され配当金が決定します。
1等の配当金は8億5000万×25.428%=2億1613万円8000円となります。

ここで1等当選口数が0口のとき、
この2億1613万円8000円が次回のキャリーオーバー額になり、
1等当選口数が1口のとき、キャリーオーバー以外の時なら当選金は最高2億円だから、
残りの1613万円8000円が次回にキャリーオーバーされます。
1当選口数が2口のとき、当選金は2億1613万円8000円÷2=1億806万9000円となり、キャリーオーバーはなしになります。

キャリーオーバーするかどうかは1等当選口数によるが、実は5等当選口数もかなり影響するということがわかりますね。